hnycamera.exblog.jp
ブログトップ
甘酒メーカー
e0039640_13251259.jpg
どうしても定期的に甘酒を仕込みたくて、今夏より製造器を導入しました。タニカのヨーグルティア
正確にはその名の通り「ヨーグルトメーカー」なのですけども、温度設定25~65℃、保温時間1~48時間とかなり幅広い設定ができるので、我が家では「ヨーグルトも作れる甘酒メーカー」という認識で使っています。
昨年、夏バテ予防に甘酒が効果アリと知って、手作り濃縮甘酒を土鍋で仕込んだりしたのですが、そしてこれがたいそう美味しくて利用範囲も広かったのですが、如何せん60度を10時間キープせねばなりませんので、夏場の仕込みは少々…いえ、けっこうつらいものがありました。(あっつい土鍋をバスタオルで巻いて電気ひざ掛け巻いて、定期的に温度と状態を確認して…という) 
炊飯器を使えば少しラクなようなのですが、10時間も炊飯器を占領されてはご飯が食べられなくなりますし、フタを開けたまま保温状態をキープするのは、炊飯器が傷むのではないかという不安もあってなかなか踏み切れず。
それなら甘酒専用の安い炊飯器を買うか!?いや、それとも60度保温のできる電気ポットを!?などと色々血迷いかけたところでヨーグルトメーカーの存在を思い出したのでした。
これなら無理なく一定の温度を保ってくれるし。コンパクトで場所を取らないし。しかも中途半端な炊飯器や60度保温機能付きポットよりも遥かに安価だし。しかもヨーグルトも作れるし!(いや、ヨーグルト作る機能の方がメインな気が)
購入後、既に3回、甘酒を仕込みましたがいずれも大成功です。お粥と糀を容器に入れて、ぽちぽちと温度&時間設定して放っておくだけで甘酒が出来るなんて!感涙。その上、昨年必死で頑張った土鍋甘酒よりも格段に甘いです。ちょっとびっくりするほどの甘さ。マル●メの糀ジャムより甘い。

現在我が家では、10日に1度の頻度で、150gのご飯で作ったお粥+糀100gの少量バージョンで仕込んでいます。これなら冷蔵保存可能期間内(大体2週間)に使い切れるので。
仕込んだ甘酒は、毎朝ヨーグルトに入れたり、お砂糖代わりに調味料として使ったりと重宝してます。
これでトマトの冷製パスタを作ると、トマトが甘々になってうまうまなのですよー。あとお砂糖の代わりに甘酒を入れたミルクプリンも美味しいです。

あ、甘酒の合間にヨーグルトも作ってます。酸味の少ないヨーグルトを種菌に使うと、ミルキーでまろやかなヨーグルトができることを発見して、ヨーグルト作りにも少々ハマリ気味。カルピスを加えて仕込んだほんのり甘いヨーグルトも大変美味です。
寒くなったらケフィアにもチャレンジしてみたいなあ。(この季節、温度が上がりすぎるので、暑い我が家では27度保温のカスピ海ヨーグルトやケフィアは作れんのです) あと豆乳ヨーグルトとか。


(追記)
このヨーグルトメーカー、塩麹も作れます。
麹と塩※とお湯(60度)を混ぜて、60度設定で8時間放置。
まろやかで美味しい塩麹ができました。
(※塩と麹の比率はお好みで。私は麹200gに塩60gで作っています。塩の比率を下げるレシピも流行していますが、保存可能期間がぐっと短くなるのでご注意を。塩を減らす時は全体量も減らして、使い切りやすい分量で作った方が良いかも)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2012-08-10 14:28 | Nikon D40 | Comments(2)
Commented by Snow at 2012-08-10 23:31 x
甘酒大好きなんですよ~これ見たら飲みたくなってしまったぁ…作ってみたいけどずぼらな私にはきっと無理ね…
Commented by honey_camera at 2012-08-11 20:37
>>Snowさま            
甘酒がお好きなら、手作り甘酒、強力にお勧めしたいです~
60度をしっかりキープした甘酒、ほんとにすっごく甘いんです。
で、濃縮タイプが出来上がるので、好みの濃さで飲める&ブレンドも自在なんです。
ヨーグルトメーカー利用ならば、お粥作って60度強まで冷まして、あとは機械任せなので楽々なのですが、土鍋利用の場合は定期的に温度をチェックしないといけないのが少々大変でした…(夏ならば、バスタオル&電気ひざ掛けダブル使用で、ほぼ放置で大丈夫っぽい手ごたえではありましたが)
あ、マルコメの「糀ジャム」も濃縮甘酒とほぼ同じものなので、とりあえずこちらを購入されるのもお勧めです!
メーカー公式サイトです↓
http://www.marukome.co.jp/product/kouji/jam/index.html
(簡単な活用レシピも載ってます)