hnycamera.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:Canon DEMI EE17( 55 )
夏のはじまり。
e0039640_11533755.jpg
今年も夫の実家から枇杷がたくさん届きました。
どうやらこの枇杷、本当に夫が子供の頃に庭に植えた種が育って
実を結んでいる様子。恐るべし枇杷の成長力。
最近は、外来種の鳥が熟し始めた実を荒らしまくるらしく、
うかうかしていると人間が食べる分が無くなってしまうのだとか。
そこで今年は、例年よりちょっと早めに初夏の便りが届きました。



e0039640_1185498.jpgさて、ビワとは関係の無いお話ですが、昨日まとまった時間が空いたので、来るべき夏に向けて部屋着を1枚縫いました。オレンジページ 6月17日号に掲載されていた「まっすぐ縫いのワンピース」です。
お裁縫初心者でも簡単、と銘打ってある通り、むちゃくちゃ簡単に作れます。型紙は新聞紙で作れますし、材料は布地(布巾110cm以上)×2mと2cm幅のリボン1mのみ。ひたすらまっすぐザクザク縫うだけで仕上がります。
裾は布の「みみ」をそのまま活かすデザインなので、面倒な裾処理も不要です。
作り方と一緒に掲載されている着こなしアレンジを真似て、まずはボーダーの5分袖Tシャツをプラス。ボトムにデニムを合わせれば、近所への買い物にちょうど良いスタイルになりました。
ちなみにリボンは後ろで結んでもOKです。

今回は値段優先で生地を選んだため、予定よりも明るい色になってしまったので、ワントーン暗い色のタイプも作るべく、以下の布地を注文しました。

麻綿 ライトキャンバス (生地と雑貨のお店 PERURU
綿70%、麻30%の混紡で柔らかめとのこと。実際に使用された方の感想も軒並み好評でしたので、初めて通販で布地を購入しました。到着が楽しみです。
お値段は10cmあたり78円。(最低30cmより10cm単位での販売) 
[PR]
by honey_camera | 2009-06-03 12:02 | Canon DEMI EE17 | Comments(0)
雲間の太陽とファンタジア
e0039640_16233743.jpg
このところ曇天や雨の日が多くて、少々辟易しています。しかも風がひどく強かったり、1日の間にころころと天気が変わったりしてとても不安定。今日は朝から今にも雨が降り出しそうな重い雲が垂れ込めていたのですが、先ほどから太陽が覗き始めました。しまった、洗濯すれば良かった。でも私が洗濯していたら雨が降ったかも。(雨の多い時期に私が洗濯すると、予想に反して降り出すことがやけに多いのです。)

先ほどから見え隠れしている雲間の太陽とよく似たイメージの写真がありましたので、ちょいと引っ張り出してきました。昨年、フェリーの上から日没を眺めた時のものです。
何、この超トンネル効果。ホルガやLomoでもめったにトンネル効果を出せないのに、デミで無駄にやってしまいました。
人間の目には、かなり光量が落ちていたように見えたので、全体が薄暗くきれいに写ると思ったのですが、太陽の光ってやっぱり強いのですね。

さて、全く関係ないのですが、本日の私のBGVはディズニーの『ファンタジア2000』です。
ディズニーの映像とクラシック音楽が見事に融合した、かの名作『ファンタジア』から60年が経過した2000年に制作された映像作品のDVD。
前作の衝撃がすごかったせいか、または必要以上に期待が高すぎたせいか、初見では元祖ファンタジアを超えるほどの感動は無かったのですが、改めて観てみるとやはり美しいです。
ドナルドダックとデイジーダック主演の『威風堂々』は、何度観てもちょっとほろり。
今は「のだめ」の印象が少々強くなってしまっている「ラプソディー・イン・ブルー」に合わせた映像も、ちょっと小粋で素敵です。
生憎、セル版DVDは、ネットショップ上ではどこも完売のようですが、たいていのレンタルショップに並んでいますので、興味をお持ちの方はレンタルしてみてください。

●ファンタジア2000 (ディズニー公式サイト)
http://wdshe.jp/disney/product/?cid=92

ファンタジア/2000 [DVD] ジャケットはこんな感じ。
  
[PR]
by honey_camera | 2009-03-04 16:47 | Canon DEMI EE17 | Comments(0)
やれやれ。
e0039640_2153929.jpg
昨年の初夏に、「新世界」で撮影した1枚。
巨大なビリケンさんの影でこっそりくつろぐ板さんが良い味出してました。
なお、この写真は本文の内容とは一切関係がありません。

昨日宣言しました通り、今日は健康診断に行って参りました。豊富なメニューの半日ドッグのコースです。ヘトヘトです。
健康診断で一番苦手なのは採血。私の腕の血管は少々タチが悪く、非常に血が抜きにくいため、いつも採血では痛い目に遭うのです。そして採血を行ってくださる看護師さんにも迷惑が。
そこで、少しでもお互いの苦労を軽減しようと、採血時には必ず「すごく針が刺さりにくいです。そして血が出にくいです。お手数かけます。ごめんなさい。」と自己申告するよう心がけています。
先に申告して担当の方をびびらせて…いえ、理解しておいていただかなければ、ぷすぷすと何度も針を刺されたり、ぐいぐいと空気を抜かれる羽目になるため、いつも涙目になるほどの真剣さで訴えるのですが、今回はあまりにも真剣すぎたのか、「もうすぐ終わりますからねー」「もうちょっとだけ頑張ってくださいねー」「はいっ無事に終わりましたよー」とまるで小さい子供を相手にしているかのように、ものすごく優しく対応していただけました。嬉しい。でも至近距離で順番待ちをしていた男性にふっと小さく笑われてしまいました。悔しい。
さて、それはともかく、どうにか無事に8年ぶりの健康診断を終えることができましたので、あとは結果を待つだけです。特に自覚症状もありませんから、肺やら胃やら腹部やらに異常は無いと思うのですが、年齢的に中性脂肪やコレステロール、血糖値などの結果が怖いですなんとなく。正月早々飲み過ぎましたし。そして、このところずっと我が家の体脂肪計に「かくれ肥満」と指摘されていますし。中年のおっさんか私は。
1月中は何かとバタバタしていてWiiFitとシェイプボクシングをお休みしてしまったので、2月からはまた気分も新たに再スタートしたいと思っています。とりあえず「かくれ肥満」を改善しなければ。
[PR]
by honey_camera | 2009-01-30 22:04 | Canon DEMI EE17 | Comments(0)
ぼへぼへなわたくし。
e0039640_13482723.jpg
今日は何故か集中力がかなり欠落しておりまして、朝からぼへぼへしています。
ちなみにぼへぼへとは何の関係も無いこの写真は、つい先日、なんばパークスからスイスホテルを撮影したもの。秋晴れの空がとても綺麗な午後でした。

近頃は少し涼しくなってきたこともあって、またしても活字への欲求が沸き起こっていたりして、しかも今、手元にはその欲望を満たすための本がけっこうたくさん溜まっていたりする上に、やらなければいけないことも目白押しなのですが如何せん活力が。
季節の変わり目だからでしょうか。
妙に気は焦るのに、頭と身体が付いてきてくれていないような。
ど、どこかに「覇気」 売ってないかな…。「野望」でもいいです。(いや、野望ほど強くなくてもいいか。普通に「気力」でいいか。)
[PR]
by honey_camera | 2008-09-10 13:52 | Canon DEMI EE17 | Comments(2)
空を飛ぶひと
e0039640_10162831.jpg
先日、小豆島で撮影したDEMIのフィルムの現像ができました。
これはその中で一番気に入った1枚です。「美しの原高原展望台」のとんでもない場所で、とんでもなくくつろいでいる友達の図。

この岩の上は、この一帯で一番高い場所になりますので、ここに立つと、足元にはいきなり「崖下」が見えるはず。あんな頼りなげなサンダルで、手すりも何も無い岩の上に立つなんて信じらんないわよあの人ちょっとおかしいんじゃないのと、動揺のあまり思わず本人にも聞こえる場所で暴言を吐く私。(今回の旅行でよくわかりました。私は高い場所が「ちょっと」ではなく「ものすごく」怖いです。)
しかしその姿は大層絵になる光景でしたので、しっかり写真には撮らせていただきました。

彼女の言った、「こうやってると、空を飛んでるみたいで、すごく気持ちいい」というコメントにはかなり心揺さぶられたのですが、挑戦してみようにも、足のあちこちが笑ってしまってガクガクで、どうしても岩の上への一歩を踏み出すことができませんでした。ヘタレです。こんな自分にちょっとがっかり。
[PR]
by honey_camera | 2008-08-29 10:35 | Canon DEMI EE17 | Comments(2)
夏の終り-地蔵盆
e0039640_12473634.jpg
先週末の23日・24日、近所で地蔵盆が催されました。
真昼間に通りかかったところ、ただ「ヤッターマン」のテーマソングがエンドレスで延々と流れているだけ。(何故ヤッターマン…) 人っ子一人おらず、少々寂しげな様子でした。
しかし提灯の色だけは大層鮮やかで、いつもは質素な町角が、ぱっと花が咲いたように華やかに彩られていましたので、通りすがりにDEMIで撮影してきました。
DEMIのレンズは、こういう毒々しい色合いのものの描写がちょっと素敵。

(参考)
●地蔵盆 (All About)
http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20040810A/
この地蔵盆、盆踊りや神社の夏祭りのように、全国で開催されているものだと思っていたのですが、主に関西中心の催しだったのですね。
[PR]
by honey_camera | 2008-08-26 13:09 | Canon DEMI EE17 | Comments(2)
Rainy day
e0039640_11284131.jpg
今年の梅雨は、例年に比べてあまり雨が降らないな、と思っていましたら、今日は久しぶりに朝から雨降り。それもけっこう強烈です。
朝から雨が降ると思考スピードが極端に遅くなってしまう私は、今日はかなり使い物になりません。(ちなみに行動スピードは普段から大変遅いので、見た目にあまり変わりません)
ぼやーとしているうちにもうお昼。そしてこの後も、ぼやーとしているうちに夜になりそうな予感。いかん、それなりにやるべきことは色々とあるのに。(と言いつつ、これを書き始めて既に30分以上が経過。今日は普段よりもちょっと早回しで時間が過ぎてるような気までしてきました)
そう言えば、猫も雨の日は動きが鈍りますよね。もしかして私は脳味噌だけ猫なのかも。3日前のこともよく覚えていないし。(猫が3日で物事を忘れてしまうというのは迷信ですが。きっと猫より私の方が、ずっと物忘れがひどい。)
しかし「入れ物」は人間なわけですから、これではただの役立たずです。そろそろ人間らしい行動をとらなければ。

さて、それはともかくとしまして、こんな雨降りの日の気晴らしにお薦めな猫本を少々ご紹介。

ぐぅぱぁネコ ミーヤ
関由香
4796663495
「猫です。」のCM(SHARP)でお馴染みの猫ちゃんの写真集。
かのCMが流れるたびに、TVの前に乗り出して画面を食い入るように見てしまった、という人は速攻で購入すべし。無茶苦茶可愛いです。「前足ぐーぱー」写真も多数掲載。
フルカラーで掲載写真数も多いのに、お値段がお手頃なのも高ポイントです。


続 まこという名の不思議顔の猫 (マーブルブックス)
前田 敬子
4123901964
「まこという名の不思議顔の猫」の続編。やんちゃな末っ子の「しろたろ」ちゃんも加わって賑やかになってます。
まこちゃんと言えば、DVDも発売されているのですよね。先日、書店で流れていたデモを延々と眺めてしまいました。動いているまこちゃんも強烈に可愛いです。
   
[PR]
by honey_camera | 2008-07-08 12:28 | Canon DEMI EE17 | Comments(2)
BOARDING III
e0039640_1019367.jpg
今日から7月。
個人的に、6月は久しぶりにバタバタし通しの慌しい毎日でしたので、月が替わってなんとなく一安心。今日からまた仕切りなおしです。
なので、なんとなく幸先よさげな写真を一枚選んでみました。
飛び立つ飛行機というものは、特定の誰かを見送る立場で見ていると、なんとも切なく寂しいものですが、ただ漠然とその姿を見ているだけならば、とても縁起の良い景色に思えるのです。
これはやっぱり”上を向いて空に昇っていく”姿がめでたそうだから?それとも私にとって”飛行機が飛ぶ”という事実が永遠に「奇跡」であるから?(何度理屈を聞いてもやっぱりわからないんですよ。あの重量のものがあっさりと飛び上がるのが。)

そんなわけで、今日からの日々がまた、みなさんにとって素敵な毎日になりますようにとの願いを込めて。

塩の街
有川 浩
4840239215
内容的に、飛行機と関係があるのか無いのか微妙なところですが、週末、積み上げていた本の中から『塩の街』を読了しました。
本編序盤は凄惨で少々気が滅入りかけましたが、終盤及び続編(「塩の街、その後」)は強引なまでに好転してくれたので、読後感はとても良いです。
「究極の状態で生まれるラヴ」ものがお好きな方は是非。基本的にエンタテイメント小説ですが、けっこう「甘い」部分あります。さすが有川浩なだけに。

凄惨と言えば、先日DVDが発売&レンタル開始された『L change the WorLd』、あれも予想以上に強烈な場面があって、少しびっくりしました。ところで、あの映画での工藤夕貴が全般的にちょっと気色悪いと思ったのは私だけですか。あれ、わざとですか。
   
[PR]
by honey_camera | 2008-07-01 11:02 | Canon DEMI EE17 | Comments(0)
水無月
e0039640_10233344.jpg
これはちょうど1年前の梅雨時に、雨の中で撮影した近所の紫陽花。
この一角は、手入れが施されているのかいないのか、1年中いつも葉が鬱蒼と生い茂っていて、さながら小さなジャングルのような趣きがあります。
そんな都会のジャングルに生息する紫陽花は、西洋種や和種が渾然一体に入り混じっていて、なかなかに野性的。晴天の日ももちろん綺麗なのですが、梅雨時に咲く花だけに、雨に濡れる姿も風情があってちょっと良い感じです。

どうでもいいことですが、この写真のど真ん中にぽちっと写っている小さなピンク色の花は、先日R8で撮影したあれです。こんなにちっこい花だったのでした。
  
[PR]
by honey_camera | 2008-06-12 10:26 | Canon DEMI EE17 | Comments(0)
パノラマ
e0039640_10555371.jpg
昨夜の大阪はひどい嵐でした。雷雲がなかなか上空から去ってくれず、バリバリという雷の音に再々起こされる始末。
一晩中カミナリが鳴り響いていたような気さえするのですが、朝起きてみましたら、昨夜の荒れ模様がまるで嘘だったかのように綺麗に晴れ渡っていました。あの嵐は意外と早く過ぎ去っていたのかも?
そんな台風一過のような今朝の晴天を寿いで、今日はちょっと気持ちの良い青空の風景をひとつ。

これはハーフサイズカメラで撮った2枚仕立てのパノラマ風写真です。使用カメラはCanon DEMI。目の前の景色を左右半分ずつに分けて撮影したものを2枚並べてみました。(なので、中心部分がわずかに重複しています)
「縦フレーム」を生かした、このパノラマ撮影は、「ハーフサイズカメラを楽しもう」的な記事に必ずと言って良いほど登場するのですが、私が実際にチャレンジしてみたのはまだこの1組だけ。パズルのようでけっこう面白そうなので、色々な場所で試してみたいと思いつつ、実際に出かけるとつい忘れてしまい、ポチっと1枚だけ撮って満足してしまうのです。せっかく広い公園や飛行場にも連れて行ったカメラなのに…
今度出かける時は、カメラの裏に「パノラマ撮影もしてみよう」と書いた紙でも貼って行こうかと思います。
[PR]
by honey_camera | 2008-05-14 11:21 | Canon DEMI EE17 | Comments(10)