hnycamera.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:Ricoh R8( 183 )
広島観光記
e0039640_1236125.jpg
広島ではもみじまんじゅうと牡蠣ばっかり食べていたわけではなく、ちゃんと宮島以外も観光してきました。
今回訪れたのは、呉の「大和ミュージアム」。1/10スケールの戦艦大和の模型が圧巻。
ええと、色々な資料類を拝見したのですが、中でも一番印象に残ったのは「甲板の床板」。大和の甲板は、滑りにくく、歩きやすく、そして温かさを保つため、甲板がヒノキ材で覆われていたらしく、これが現代の匠の技でちゃんと再現されていたのです。(なんでそんな細かいところ…とか言わないでくださいー)
この資料館、日本の「ものづくり」への情熱というか考え方の深さとか、色々考えさせられました。日本の造船技術ってすごかったんだなあと、今更ながら痛感する次第。(ううう詳しい人に色々怒られそうな感想だなあ)

観覧中、以前読んだこうの史代さんの『この世界の片隅に』(終戦間近の呉が舞台)を繰り返し思い出しました。久しぶりに読み返そう。

そしてもう1箇所。「大和ミュージアム」と隣接しているこちらにも立ち寄ってきました。
e0039640_1236131.jpg
てつのくじら館
潜水艦が!潜水艦が地上に出て車と一緒に走ってるよ!…的な光景にちょっと感動。

e0039640_1236214.jpg
全体像はこんな感じ。
ちなみにこの潜水艦、「ほんもの」です。1985年から2004年まで、様々な任務についていた「あきしお」を、そのまま展示用に一部改造して設置しているという。もちろん中に入れます。すっごく狭い。地上に設置された潜水艦そのものはすごく大きいけれど、中はすごく狭いです。(機材とか色々あるのだから当然なのですが) 成人女性として比較的小さめの私にとっても狭い。こんなところで大勢の自衛官さんが生活しているとは。それだけでもう既に大変。
展示内容では、「掃海」についての資料に驚きました。こんなこと、全然知らなかった。戦後の海のことなんて、本当に全く知らなかった。戦後70年近くが経過する今もまだ機雷を回収していたなんて。そして、その技術が湾岸戦争後のペルシャ湾の掃海に活かされて、世界から賞賛を受けていたことも。
「潜水艦の中を見てみたい」というややミーハーな気持ちで入った資料館だったのですが、とても勉強になりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 村長日記 】

e0039640_10572627.jpg寒さ堪えて冬の海を泳いでいましたら(何故なら毛ガニとか獲れるから)、いきなり謎の生物に遭遇。
…ラッコ?ラッコなの?
ちょっと!誰か!これどうやって捕獲すればいいの!?素手でぐいっと絞めればいいの!?
…と慌てふためいておりましたら、このラッコ、いきなり禅問答のようなことをつぶやき始めました。

e0039640_10572722.jpg…ああ、海の生物じゃなくて、「住人」の1人だったのか。村長、てっきり高額で売り飛ばせ…いえ、博物館(水族館)で展示できる貴重な海の生物かと。
ちなみにこのラッコには、獲れたばかりの(しかも初収穫の)ホタテ貝を奪われました。(いやまあ「くれ」と言われたのでついあげてしまったのですが。絞めて捕獲しようとした罪の意識で。)
それにしても可愛いよなあ捕獲したかったなあと淡い未練を抱きつつ、漂うラッコを横目で見送る村長。

e0039640_10572658.jpgところでこの2日ほど、村長の可愛いとめちゃんが絶不調。おうちから出てこないので心配して訪問してみたところ、クシャミと熱に悩まされている様子。風邪か。
というわけで、毎日「おくすり」を買って甲斐甲斐しく看病に通う村長。がんばってとめちゃん。多分あともう1日薬飲んだら治るから。システム的に。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2012-12-13 13:12 | Ricoh R8 | Comments(0)
広島、おいしかったもの
e0039640_13363980.jpg
週末の広島旅行では牡蛎が。とにかく牡蛎が美味しかったです。
今回利用したのは、宮島の牡蛎屋というお店。年末の旅行をいつも取り仕切ってくださる夫の友人さんが見つけて予約を入れてくださいました。こんな小粋なお店、私たちでは絶対見つけられなかった。(美味しいものは好きだけれど、お店を開拓するのはものすごくヘタクソなのです。地元でも数少ない店に延々と通い続けて新規開拓しないし)

店内はとてもムーディなライティングだった(つまりものすごく暗かった)ため、写真がかなり辛い状況なのですが、一生懸命撮ってきたので無理矢理載せます。明度の階調を調整しまくって。なんだか昔の新聞のカラー写真みたいなのですけども、これはこういう「味のある写真」なのです。そういうことにします。(やっぱりR8は暗い所が苦手ですわー)
e0039640_13383142.jpg
前菜。牡蠣のオイル漬け(中央)、パプリカとリンゴのサラダ(左)、生ハム(右)。
生ハムには牡蛎のペースト(右端手前)をつけていただきます。
オイル漬けもペーストも牡蛎の旨みがぎゅっと濃縮されていてけっこう濃厚。
でも添えられたサラダを一緒にいただくことでさっぱりいただけます。

e0039640_13383250.jpg
焼きがき。
素焼き(塩)、白ワイン、日本酒の3種で、いずれも甲乙付け難し。
こちらで供される牡蛎は「地御前」で獲れたもので、3年間育てた特大サイズ。
え?これ牡蛎?何か違う生き物では?と一瞬戸惑うほどのサイズでした。

e0039640_13383193.jpg
牡蠣グラタン。
ホワイトソース、トマトソース、ほうれん草ソースの3種。
これも焼きがき同様の特大サイズ。
ただもくもくと牡蛎をいただいているだけなのに、このあたりでもうかなりお腹いっぱいに。

この他、特大サイズの牡蛎フライ、牡蛎飯、牡蛎の入った赤だしをいただきまして、どれも大変美味しゅうございました。
実は私、牡蛎はものすごく好きなわけではない(自ら進んで店で注文したり購入したり調理することはない)のですが、この「牡蛎屋」さんのメニューは本っ当にどれも物凄く美味しかった。生きてるうちにまた食べたい!と思うほど。
夕食は要予約のようですが、単品としてならばお昼間でもいただけるようですので、宮島にお出かけの際には是非。お薦めです。

牡蛎屋
http://www.kaki-ya.jp/
牡蛎のオイル漬けはお土産にも。ネット通販もあり。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 村長日記 】

e0039640_1342699.jpgそう言えば村長、先週念願のジンベエザメを釣り上げました。
え、発売日からやってるくせに遅い?
いやいやこれでも自分的にはかなりの成長なのですよ。なにせ前作(正しくは前々作?)のDS版どうぶつの森ではまるで魚が釣れなかったのですから。
←大物を釣り上げたり捕獲した際のこの”悲鳴”がちょっと好き。

e0039640_1342653.jpg確かにでかい。全長約6m44cm
ところでその6メートル超えの大物を片手でラクラク持ち上げている君の身長は一体何センチなのか。

e0039640_134295.jpgあまりに嬉しかったので、「みせびらかす」モードでも記念撮影を。
これ、リサイクルショップで叩き売れば(ジンベエザメ扱ってるリサイクルショップってすごいな)、かなりの高額になるのですが、一応ローカルルールとして「一番最初に捕獲した生物は全て博物館に寄贈する」ことにしていますので、これは速攻で我が村の水族館に入りました。
水族館、かなり充実してきています。水族館は前回で叶えられなかったユメなので物凄く嬉しい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2012-12-11 14:21 | Ricoh R8 | Comments(2)
バーベキューと暑さ対策
e0039640_12165335.png
何故かアウトドアイベントには毎回R8を連れて行ってしまう。防水でも何でもないのに。

週末、お誘いをいただいて伊賀方面へバーベキューに行って参りました。
それほど気温も高くなく、時折さっと小雨が降ったことも幸いして、比較的快適な1日でした。
故に、今回は日にも焼けず熱もこもらず、五体満足で週明けを迎えております。

今回、過剰なほどに熱中症&紫外線予防対策を講じて行ったわけですが、中でも桐灰の熱中対策シリーズ「タオルに氷をつくるスプレー」、なかなか良かったです。
タオルにシューと吹き付けて、素早く首に巻き付けると、ものすごく冷たくて気持ち良いのです。猛暑日、屋外に長時間滞在する際には、これ1本でちょっと救われるような気がします。
桐灰の熱中対策シリーズと言えば、今回は使用しなかったのですが、「帽子ひんやりシート」も、意外に効果が長続きして優秀でした。このシリーズ商品、猛暑日のアウトドアにはかなり使えるかも。

そしてもう1つ、暑さ対策としては、”衣服の上から吹き付けるとひんやりするスプレー”(各社からけっこうたくさん出てます。例えばケンコーコムで「冷却スプレー衣類用」を検索するとこれぐらいヒットします)も想像以上に効果ありです。
特にお薦めしたいのが、UVカット手袋への使用。わたくし、腕に日焼け止めを塗るとどうしようもなく荒れてしまうので(顔よりも腕の方が遥かにデリケートだという)、夏場は毎日ロングタイプのUVカット手袋を愛用しているのですが、これがたいそう暑いのです。それでも焼けてつらい思いをするよりは、と日々耐えていたのですが、このスプレーを吹き付けることで一気に問題が解消しました。手袋全体にシューと吹き付けておけば、近場の買い物ぐらいならば、ひんやり感がしっかり持続してくれます。超快適。スキップしたくなるぐらい。
夏場、ロングタイプのUVカット手袋を愛用されている方、是非お試しを。風を受けると更に涼しく感じるので、自転車に乗っている方には特にお薦めだと思います。

…ええと、話ががんがん暑さ対策に流れてしまいましたが、一応バーベキューの写真も撮ってきたのでひとつ。
e0039640_1213984.jpg
…藤棚から射し込む光の具合で肌の色がちょっと怖くなってしまった。(色調加工前はもっと怖かったんです。誤魔化してもこれが限界)
夏の海辺のバーベキューも良いですが、緑の中の方が涼しくて良いですねえ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2012-08-06 13:02 | Ricoh R8 | Comments(0)
使い捨てマスクの携帯ケースを作ってみる
e0039640_1310504.jpg
なにやら今日の写真、画質がえらいこと悪いです。お見苦しくてごめんなさい~

マスクケースを作ってみました。使い捨ての紙製マスク用。
実は先週末ぐらいから、天気の良い日は微妙に具合が悪いのです。鼻の奥に微かな違和感が。気付くと鼻声になっていたり。あと、目がちょっと滲む。朝から度々くしゃみが出る。くしゃみなんてふだん滅多に出ないのに。
花粉か。これはもしや「近いうちに発症するかもしれませんよ」というサインなのか。
いや、そんなはずは。でも蕁麻疹体質の人はアレルギー発症しやすいとか言うし(又聞きなので確証無し)。 吸い込んだ花粉量がリミットを超えたらいきなり発症するとか言うし。もしや今年辺りそのリミット超えちゃうとか!?
というわけで、とりあえず外出時にはマスクを装着することにしました。まだインフルB型も潜伏しているようですので、色々予防しておくに越したことはなかろう。

しかしマスクって持ち歩きにくいのですよね。予備をバッグに入れておこうにも、我が家のマスクは「50枚入り徳用」ばかりなので1枚ずつむき出しでバラバラで、これを一体どうやってバッグに忍ばせておけば良いのかと。
取り急ぎファスナーパックに入れてみたのですが、中途半端に横に長いカタチが災いして、ちょうど良いサイズのものが無いのです。そしてぐにゃぐにゃ折れ曲がってしまうのもなんだかイヤ。
そんな折、フェリシモでマスク携帯用ケースなるものを発見しまして、これがたいそうココロくすぐられるデザインだったのですが、フェリシモは月一回の配送のため「4月便」を待たねばなりません。
今すぐ欲しいのよ「来月お届け」なんて待ってられないのよ(ついでに1000円弱というお値段も個人的に微妙なのよ使うシーズン限られてるし)、というわけで、そのマスクケースを参考に無理矢理自作してみた次第です。

e0039640_1391543.jpg中には仕切りとして、クリアファイルを切ったものを入れてみました。
A4サイズのクリアファイルをマスクサイズに切って、一辺がつながっている冊子状の仕切りを作成。(別に繋がってなくても良いのですがバラバラだと扱いにくいので) この仕切りの間にマスクを1枚ずつ収納するわけです。今回作った物は、最大で5枚収納可能。

e0039640_1391474.jpgちなみに上写真の通り、仕切りは袋内部に固定されていません。すっぽりそのまま取り外し可能。
衛生用品ですから、仕切りも清潔でなければ。時々取り外して水洗いするなりアルコール消毒するなりできる方が良いではないですか。
…というのは後付けの大義名分で、仕切りが取り外せるのは、単に固定方法が思いつかなかったから
とりあえず、布カバーをぎっちぎちのジャストサイズで作ることによって、すぽすぽ簡単に抜けないようになってます。
そしてこの「ぎっちぎちのジャストサイズ」になるまでに3回縫い直しましたなんて別にわざわざ言わなくても良いことも言ってみたり。

ハギレとクリアファイルがあれば簡単に作れますので、マスクの携帯にお困りの方は是非。
器用な方は内ポケットなど付けられてもよろしいかと。お薬入れたり、マスク消毒&消臭用の小さなスプレーも一緒に収納できるようにすると、さらに便利だと思います。(あと、フェリシモの携帯ケースのようにファイル固定して、L字型に開くようにファスナー付けたら更に可愛いと思う)

※ご参考までにサイズなど少し。
★用意するもの
 ・35cm×22cmぐらいの布
  (二重仕立てにする場合は2枚。キルティングや厚手の布なら1枚でも)
 ・A4サイズのクリアファイル1枚
 ・ケースのフタを留めるスナップとかマジックテープとか
  (上写真ではまだ付けてないのですけども。細いヒモを縫い付けて、ぐるぐる巻き留めるのも可愛いかも)

★できあがりサイズ
 ケース外寸:20cm×11.5cm
 中に入れる仕切りのサイズ:19cm×10cm
 (A4サイズのクリアファイルを大雑把にタテ3等分して、横の余分を切り落とす感じで)

上記サイズで、ごく標準的な使い捨てマスクが収納できます。
外袋縫うのイヤ、もっと簡単に収納ケース用意したい、という方は以下の記事へ。
http://hnycamera.exblog.jp/17608862/
(100円のジッパー付き書類ケース使ってます)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2012-03-22 13:48 | Ricoh R8 | Comments(0)
海と肩凝り (←この2つに特に関連は無いです)
e0039640_11105318.jpg
このところ室内の写真ばかりでその上構図もワンパターン化しており、我ながら少々辟易してきたのですがさりとてこのくそ寒…いえ、連日の冷え込みの中をのんびり撮影散歩に出かける余裕も気力も無く、それならばこれまでに撮った写真の中に何かこう、気の晴れるような写真は無かったものかしらねとPC内の写真データをさらってみましたら、先月撮影した海の写真が見つかりました。淡路島と徳島の狭間にある海峡、鳴門海峡にて撮影。ブログ内の籠もった空気と、わたくし個人の気分をこれにてちょいとリセットです。

さて、年明け早々、肩凝り悪化で色々な障害が発生したため、「肩凝り改善宣言」を行なって約3週間が経過するのですが、そんな中途半端な日数で簡単に改善するはずもなく、相変わらず痛む首肩を抱えて悶絶しております。
中でもちょっと深刻なのが歯の痛みで、もうこれ知覚過敏なんかじゃないわ虫歯だわ絶対、と歯科医院に駆け込むも虫歯は全く進行しておらず、化膿止めと消炎剤を処方してもらって七転八倒の激痛からは解放されたものの(そう言えば化膿止めって何に効いたんだろう。何か変なウイルスでも入っていたのか。)、現在は食後に襲ってくる鈍痛と闘う日々です。
何故か食後に、左奥歯の治療跡と左顎の付け根がギシギシ痛むんです。それも20~30分間ぐらい。ひどい時は喋るのも億劫になるほどなのですが、一旦痛みがひくと何事も無かったかのようにケロリと治まるのがささやかな救いです。
酷いコリ癖がついてしまっているのが左首~左肩なので、きっとそのせいなんだろうなあ。でもどうして食後だけなんだろう。顎を激しく動かすから?
急いては事をし損じる、と言いますので、とりあえず長い目で様子を見ています。目標、歯の痛みは冬の間に改善。(肩凝りの根本改善はさらに長期計画)
ああでも早く美味しくご飯が食べられるようになりたいー。(歯が痛むのが怖くて食欲減退気味なのです。せっかくなのでダイエットするか、この機会に。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2012-01-31 11:53 | Ricoh R8 | Comments(2)
あらためまして
e0039640_9413269.jpg
お正月休み期間、「どうってことない風景」どころか「どうってことなさすぎるお菓子」の写真ばかりをあげつづけてしまいましたので、遅まきながらちょいと仕切り直しを。
こちら、奈良県の橿原神宮で撮影した巨大絵馬です。地面から庇までの高さがあるので、え、ええと全長何メートルぐらいだろう。3メートルぐらい?(目測がものすごく苦手で…)
実はこれ、昨年末に少しフライングで撮影したものなのですが、神々しい干支の絵と「開運」の文字が非常に縁起良さそうだったので、新年まで温存してました。
この2012年が、みなさまにとって良い年になりますように。

さて、この数年、もう迷わないとかもう振り返らないなど気合いの入った(?)新年の抱負を毎年語ってきたのですが、今年はあえて気張らず気負わず、のんびりマイペースでいこうかと思っています。
そのベースにある思いは、「毎日を大切に丁寧に生活していくこと」。
こちらをあえて抱負として掲げないのは、なんとなく、「毎日丁寧に暮らさなければ!」などと気負ってしまった時点で、すでにその思いは破綻しているような気がする(気負うと心地良く過ごせなくなって、”表面的”な生活になってしまう気がする)ので、気を付けるべきは「マイペース」だと思うのです。そしてこの「マイペース」も気負わずのんびり。
強ばらず流されず、しなやかに地に足を付けて歩いて行けるといいなと思っています。

それでは、よろしければ本年も引き続きおつきあいください。
どうぞよろしくお願い致します!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2012-01-05 10:08 | Ricoh R8 | Comments(2)
山頂の夕暮れ
e0039640_1055520.jpg
山頂と言っても標高130メートルぐらいの低い山なんですけども。おじいちゃんが笑顔で楽々登っちゃってたような山なんですけども。でも同行者の中で私だけが我を失うほどゼーゼーハーハー言ってたんですけども。(ついでに今週前半は後遺症の筋肉痛でギッシギッシでした。体力無さ過ぎ。)
ちなみに淡路島の「三熊山」という山です。洲本城見物に出かけた際、期せずして「登山」することになりました。(洲本城、迷惑なことに三熊山のてっぺんに建っているのですよ)

個人的には今年はじめて登頂に成功した山ということもあり(春に一度挫折してますもので)、達成感もひとしおです。(しかしこの山で達成感を語る人もそうそう居るまい) 
そして折しも夕暮れ時に訪れましたので、みるみる日が暮れて、不思議な夕焼け空を見ることが出来ました。
夕焼けと言えば、普通 西側の空だけが赤くなるはずが、ぐるり360度、全ての方向がぼんやりと淡いピンク色なのです。今にも雨を降らせそうな雲が、夕方になっていきなり切れて、薄日が差したせいでしょうか。すごく綺麗でした。

ついでにもう一枚。
e0039640_106152.jpg
頑張って山登りした「ご褒美」をもらった、ということにします。
(いや、だから「頑張る」ような山じゃないんですが)
ちょうどお昼間に伊弉諾神宮参詣していたから御利益かなあ。
ありがとう日本の神様。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2011-12-09 10:43 | Ricoh R8 | Comments(0)
今年初ツリー。
e0039640_12224463.jpg
今日はさくっと用事を済ませて、午前中のうちに帰ってくるつもりが、これにつかまっていて帰宅が遅れました。天満橋シティモ4階広場の吹き抜けに設置されているでっかいクリスマスツリー。
室内のディスプレイは普段、写真撮影が微妙に憚れる気配が漂っているのですが、このツリーはこちらのお店のブログに「写真を撮られている方をよく見かけます」と記載されていたので撮影OKなのだろうと判断し、ちょうど持参していたR8でぽちぽち大量に撮ってきました。(開店直後はお客さんが少ないので、まさに独り占め状態。)
ちなみに色合いがなんとも独特な感じになっているのは、「曇天モード」で撮影しているため。フィルムカメラっぽい色合いを目指したのですがなんとなく微妙。
e0039640_1232498.jpg
このツリー、オーナメントがまた可愛いんですよー

協賛店舗のレジ横で販売されているオーナメントを購入して、自由に飾り付けてください、というコンセプトなので、出かけるたびに飾りが増えているのも楽しいです。

あともうひとつ「つかまって」しまったのがこれ。
e0039640_12225141.jpg
桜之宮公園の紅葉。

もうかなり葉が落ちているのですが、桜並木がずらりと長く続いているので、川の対面から眺めますとまだまだ綺麗です。桜の紅葉はやっぱり鮮やかでいいなあ。

さて、本日ひとつ「節電&冷え対策」のために購入したグッズがあるのですが、これについてはまた後日あらためて。ちょいと使い心地を確かめてからご報告致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2011-12-07 12:43 | Ricoh R8 | Comments(0)
淡路島おいしかったもの。
e0039640_981871.jpg
えええと自慢ですごめんなさい。
でも、普段ろくなもの食べてないので(何故なら私がろくなものを作らないから)、滅多に無いことだしと許してください。
こちら、千畳敷展望台のお食事処でいただいた「鯛の炙り丼」。軽く炙った鯛のお刺身がみっちりと並べられた丼です。わずかに甘さのあるタレがしっかりかかっていてものすごく美味しかったです。セットのお吸い物にも鯛の身が。感涙。小鉢の茎ワカメもさすがの鳴門産。絶品でした。
ちなみにこのお食事処、大きな窓一面に大鳴門橋がどかんと見える絶景スポットでした。千畳敷展望台へお出かけの際は是非。鯛茶漬けも美味しそうでしたよー。
e0039640_982661.jpg
今回の旅行のメインイベントはフグでしたので。一番華やかな薄造り(てっさ)を記念に一枚。5人前なのでちょっと迫力ありました。(だって普段そもそもこんな大きなお皿を目にすることすらほとんど無いし)
実は昨年も同じコースをいただいたのですが、朦朧としていてひれ酒しか撮らなかったので、今回リベンジ果たしました。
e0039640_99576.jpg
華やかと言えばこちらも。お刺身盛り合わせ。
RICOH R8は暗い場所がニガテなので、今回のようなやや暗めの室内ではちょっときついかなと半ば諦めていたのですが、意外と頑張ってくれました。(ちょびっとブレてますが)
今回、R8がこれまでになく頑張っていたように思うのは、もしや夏に修理してもらったからとか?ちょっとグレードアップして帰ってきたのかR8よ。(ちなみに相変わらず「アールはち」と呼んでます。「アールエイト」と呼ぶのはやっぱり無理です)
最近、家の中ではD40、外出時にはE-P1が定番になっていましたが、R8もやっぱり使いやすくて良いカメラだと実感しました。もっと連れ歩かなきゃR8。

(参考)
今回、フグのコースをいただいたお宿は以下。
夢海遊 淡路島
http://www.yumekaiyu.com/
目の前が海水浴場なので、オンシーズンには海水浴、オフシーズンにはのんびり海岸散歩が楽しめます。
そして駐車場の奥には洲本城跡へ続く山道が。(このお話はまた後日)
朝ごはんのブッフェも品数豊富で美味しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2011-12-06 09:45 | Ricoh R8 | Comments(0)
淡路島へ行ってきました
e0039640_118322.jpg
昨年に引き続き、今年もフグ堪能&鳴門の渦潮見物に淡路島へ行ってきました。

写真はうずしお汽船でのクルーズ中に撮影したもの。以前にも一度渦潮の写真を掲載したことがありましたが、あちらは大型の帆船からの光景で、こちらは小型の高速船からの眺め。海面までの距離が近い&かなり豪快に揺れるので迫力満点でした。、
ちなみに使用カメラはRICOH R8。前日までE-P1を持参するつもり満々でしたが、よく考えてみますと渦潮は以前にもE-P1で撮影しているわけですし、今回はお天気も微妙な予報が出ていましたので、小さくて写りの良いR8に急遽変更しました。R8、青い色がきれいに出るし。障害もすっかり完治しているし。

e0039640_11545356.jpg
お天気は幸いにも2日目に見事な快晴に恵まれて、気持ちの良い青空と青い海を堪能できました。


e0039640_1182118.jpgそしてもうひとつ、予想以上に楽しかったのが薫寿堂の本社工場での工場見学&お香作り体験
今日現在まだ生乾き状態で、自宅窓辺にて引き続き乾燥中のため(製作後、3日~1週間程度乾燥させねばならないのです)、非常に大雑把な雰囲気の写真になっておりますが、こちら今回作ってきたお香です。
好みの色と香りを選ばせていただけるので、「薄紅」色と「ストロベリー」の香りをチョイスしてみました。
当初、小さなお香1~2枚程度しか作れないものと勝手に思い込んでいたのですが、けっこうな数のお香が作れました。(ちなみに写真のお香は一部です。もっとあります。)
クッキー型で抜く薄いタイプの他に、使いやすいコーンタイプ(写真左上)も作らせていただけたのがとても嬉しい。香りもとても良いです。
淡路島へ旅行に出かけられたら是非。1回500円ですごく楽しめますよー。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2011-12-05 11:56 | Ricoh R8 | Comments(2)