hnycamera.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:ナノーチェBBクリームレポ( 2 )
ナノーチェBBクリーム使用レポ (2)
e0039640_10325713.jpg
昨日に引き続き、石澤研究所さんのナノーチェBBクリームのモニターレポートをお届けします。

昨日ご紹介しました通り、かなりカバー力が高かったので、この1週間はファンデーションは使わず、ベースメイクはBBクリームのみで過ごしてみました。

e0039640_10323777.jpg顔につける時は、このように少量ずつ手の甲に出して使っています。
かなり伸びが良いので、これで両頬ぶんぐらい。
最初に使った際は、これまでに使っていた化粧下地のクセで、一度にこの3倍量ぐらい出してしまったところ、余ってしまって勿体ないことをしました。

まず1日目は、洗顔後、化粧水で肌を整えただけの状態の肌にBBクリームをつけてポイントメイクを施してメイク完了。(フェイスパウダーも無し)
するすると良くのびるので、簡単にベースメイクができるのが便利です。ほのかにローズマリーのさわやかな香りがするのも好印象。フェイスパウダーを使わなくても、さらりとした仕上がりになりました。
ファンデーション独特の重苦しさが無いのが快適で良かったのですが、夕方頃に口元がややつっぱり感が。私はこの季節、特に肌が乾燥するので、頬や口元など、乾燥しやすい部分はもう少し保湿しておかなければならないようです。

そこで2日目以降は、乾燥対策として化粧水と乳液で肌を整えてからBBクリームをつけました。
ほどよいツヤ肌に仕上がり、乾燥もまったく気になりませんでしたので、個人的にはこの使い方が好みです。
但し、油分多めの乳液の場合、若干テカリやすくなってしまうので注意が必要。しかし、この場合も見苦しいほどには崩れませんので、あぶら取り紙などで皮脂を取り、軽くフェイスパウダーをつければ問題ありませんでした。
私は春の終わり頃~夏場は皮脂の分泌が増えるので、乳液無しでちょうど良いかもしれません。
普通肌~脂性肌の方なら、冬場でも乳液無しでじゅうぶんOKだと思います。


【総括】
ブログモニターに当選させていただいたから云々というわけでなく、この商品は本当にとても気に入りました。
肌の状態に合わせて保湿ケアを行えば、乾燥しやすい季節でもこれだけでベースメイクが完了できるのがとにかく便利。SPF30、PA++の紫外線防止効果もあるので、日常紫外線ならばじゅうぶん予防できるのも嬉しいところです。
正直なところ、最初は「ちょっとカバー力のある化粧下地」程度のものだろう、なんて考えていたので、40g 1,890円というお値段は微妙かなと思っていたのですが、ファンデーションとして利用できるならばかなりリーズナブルです。手元の商品が無くなったら、是非リピートしたいと思っています。


【参考】
◇ナノーチェBBクリーム使用レポ (1) はこちら
http://hnycamera.exblog.jp/9929632/

◇石澤研究所「ナノーチェBBクリーム」商品情報
http://www.ishizawa-lab.co.jp/nanocebb/
保湿、紫外線予防(SPF30・PA++)、化粧下地、ファンデーション、仕上げパウダーの5つの機能がこれひとつでまかなえるマルチなクリーム。
カラーは、自然な明るさの「ナチュラルオークル」と健康的な肌色の「ヘルシーオークル」の2色。(ちなみに私が使用させていただいたカラーは「ナチュラルオークル」です)
価格は40g 1,890円(税込)。

※化粧品の使用感や肌への効果等については個人的差がありますので、当レポートはあくまでも参考程度にご覧下さい。
[PR]
by honey_camera | 2009-03-29 11:09 | ナノーチェBBクリームレポ | Comments(0)
ナノーチェBBクリーム使用レポ (1)
e0039640_1025897.jpg
石澤研究所さんのナノーチェBBクリームブログモニターに選んでいただけましたので、週末番外編としまして、今日と明日の2回に分けて、ちょこっとレポートさせていただきます。

BBクリーム(ビビクリーム)は、すでにあちこちで散々話題になっていますので、ご存知の方も多いかと思いますが、簡単にご説明をば。
BBクリームは「ブラミッシュ バーム(Blemish Balm)クリーム」の略称で、損傷した皮膚を落ち着かせるために皮膚科で処方されていたクリームから派生した化粧品。
「韓国発の人気コスメ」として、TVなどで再々取り上げられて人気に火がついたようです。
これ一つで、保湿、紫外線予防、シミや毛穴のカバーができるという魅惑的な謳い文句に、私もかなり惹かれていたのですが、種類が多すぎること、価格にバラつきがありすぎることなどから、なかなか購入に踏み切れずにいたところにモニター募集の告知を見かけたので、応募させていただいた次第です。

市販されているBBクリームのほとんどは、韓国からの輸入品ですが、石澤研究所さんのナノーチェBBクリームは「日本人のために」開発されたもの。色味も日本人女性向けに調整されているのが魅力的です。

使用レポートならば、本来は顔につけた実証写真を掲載するべきなのですが、毛穴全開の「使用前」写真を公の場にさらすのは恥ずかしいと言いますか、もはや犯罪のような気さえしますので、手に塗ったサンプルで失礼致します。
e0039640_10253495.jpgこちらが使用前の状態。
昨日ハンドケアを怠りましたので、全体にケバケバしています。
傷跡は、実家の猫にいらぬちょっかいを出して怒らせてしまった時のもの。浅いひっかき傷だったのに、跡だけがなかなか消えずに残っています。この治りの悪さ…年か…
      

e0039640_10252661.jpgそしてこちらが使用後
BBクリームを塗布しているのは白い円の中部分です。
全体的にキメが整い、傷跡が薄くなっているのがおわかりいただけるかと思います。
少々目立つ傷跡ですので、完璧に隠すことはできませんでしたが、薄いシミやニキビ跡なら、これひとつでかなり目立たなくなります。
正直なところ、ファンデーション効果はあまり期待していなかったのですが、このカバー力ならば、肌色に合えばじゅうぶんファンデーション代わりとして使えます。

明日は、ナノーチェBBクリームだけでベースメイクを完了させた際の使用感についてご報告します。


●石澤研究所/ナノーチェBBクリーム
http://www.ishizawa-lab.co.jp/nanocebb/
保湿、紫外線予防(SPF30・PA++)、化粧下地、ファンデーション、仕上げパウダーの5つの機能がこれひとつでまかなえるマルチなクリーム。 40g 1,890円(税込)

※化粧品の使用感や肌への効果等については個人的差がありますので、当レポートはあくまでも参考程度にご覧下さい。
[PR]
by honey_camera | 2009-03-28 13:06 | ナノーチェBBクリームレポ | Comments(0)