hnycamera.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:Lomo LC-A( 83 )
なぜこんなことに
e0039640_1434663.jpg
もうかなり前のことなのですが、ある日図書館へ向かう最中に、このような光景と遭遇しました。
あまり人通りの無い道で、ひっそりとアクロバティックな宙吊り技を披露する自転車。
よくご覧になってください。この自転車、フロントフォークの先と、「安全第一」の衝立の大して太くもない棒の先だけを接点に支えられてます。これはもはや芸術なのでは。
しかもこの自転車、ロードレーサーやらマウンテンバイクなど軽量化を図られたものではなくて、けっこうしっかり重いタイプですよね。前かごと荷台もしっかり付いているし。それをここまで持ち上げるのは相当の労力が必要であったと思われます。何をどうすればこんなことに。
迷惑駐輪に怒った人が嫌がらせのためにやったのかな、それとも酔っぱらって帰ってきた人が、ゴキゲンなあまりに、えいやーっと持ち上げちゃったのかな。いや、もしかして撤去されたり盗まれたりしないよう、持ち主がわざとこのように駐輪しているとか?いずれにせよ、ちょっとばかり劇的な光景でしたので、その時ちょうど持ち合わせていたLC-Aで1枚記念に撮っておいたのでした。

ちなみにこの写真は、「ピンクのPARADE100」シリーズ(やけくそで命名)の中の1枚ですので、1年以上前に撮影したものです。この時にはまだ空き地だった「安全第一」の内側には、今は立派なマンションがそびえ立っています。
  
[PR]
by honey_camera | 2009-12-01 14:27 | Lomo LC-A | Comments(0)
長雨再来
e0039640_14393035.jpg
OLYMPUS E-P1を連れて、外写真を撮りに出かけなければと思いつつ早半月。ぼちぼち本気でモニターレポート用の写真を撮らねばなりませんので、今週こそは動こう、紅葉も進んできたしと思っていましたら、何とここに来て秋の長雨再来。今日から土曜日までずっと雨。なぜー(泣)
そう言えば、子供の頃から母に「今日できることは明日に延ばしてはいけません」と言われ続けていたんだよなあ。やっぱり親の教えは守っとくべきだなあと感慨にふけりつつ、重い雲が垂れこめる空を眺める晩秋の午後です。
とりあえず日曜日はちょっと晴れ間が覗きそうな予報が出ていますので、今度こそ活動計画を練らなければ。

ところで、昨日買い物に出かけた折に、学研の付録の二眼レフをちょこっと持ち出してみました。ちょうどお昼ごはん時で人っ子一人いない公園で数枚試し撮り。しかし左右が反転したファインダーは予想以上に手強くて、オタオタと左右へ行ったり来たりする挙動不審な人になってしまいました。ああ人がいなくて本当に良かった。
このままでは人のいる場所での撮影が非常に難しいので、室内で練習してカンを掴むか、もしくは「いやー左右反転しているファインダーはやっぱり難しいわー」と声に出して言い訳できる相手を誰か連行しなくてはいけません。ちょっと先は長いかも二眼レフ。

写真は、かなり前にLomo LC-Aで撮影したもの。(色がヘンテコな理由は、以前ご説明しました通りです。)
学研付録の二眼レフでは、こんなどうでもいい日常的な風景を撮影してみたいです。


(おまけ)
e0039640_1457289.jpg学研二眼と言えば、ストラップ無しの状態では非常に撮影しづらかったため、簡単なネックストラップを付けました。
特に屋外では、ただ手で持つだけの状態はとても不安で、かつ不安定。軽いのでぽろっと落としそうになる上に、ものすごくホールドしにくいのです。
「大人の科学」本誌でも、ストラップ取り付けが推奨されているのですが、カメラ本体のストラップ穴が中途半端に小さくて、一般的なネックストラップを付けられないという難点が。(何故こんなに穴を小さくしたんだろう…) そこで、とりあえず細めの可愛いリボンを付けることにしました。
長さ調整用の部品は、使っていないストラップから拝借してきたもの。こうすれば、後で適当に長さを調整できますし、ほどける心配もありません。
ちなみにリボンは100円ショップセリアで購入したものです。1m長のものをそのまま切らずに使ってます。
[PR]
by honey_camera | 2009-11-10 15:09 | Lomo LC-A | Comments(0)
吽形の獅子
e0039640_10134292.jpg
Lomo LC-A × 感光Parade100
春の穏やかな青空が、感光パワーで夕焼け風味に。

大阪北区にある「難波橋」の橋詰めに鎮座しているライオン像。
この像は橋の両側に設置されていて、それぞれの表情が「阿(ア)形」と「吽(ウン)形」に象られています。(仁王さんや狛犬さんのような感じです)
こちらは「吽形」のライオン。後方の街頭が槍のようなポジションで写り込んだので、なんとなくこれから戦いに挑むような勇ましさが感じられるようなそうでもないような。
ちなみに「阿形」のライオンは「ガオー」と吠えているような表情ですので、更に勇ましいです。

● 難波橋についての解説 (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/難波橋
中之島近辺にかかる橋の地図と、「浪速の名橋50選」のリンクがとても興味深いです。
大阪って本当に橋が多い。(そして「堀」がつく地名も。)
[PR]
by honey_camera | 2009-06-10 10:30 | Lomo LC-A | Comments(0)
やだ気持ち悪い
e0039640_1132930.jpg
Lomo LC-A × 感光PARADE100

なんばパークス内のショーケース。このコムサのショーケースは、いつもとても華やかなのですが、微妙な怖さが漂っています。夜中に平気で動いていそうな感じ。誰も触っていないのに、前夜と顔の角度が変わっていても、全然不思議じゃないというか。むしろ、「ああ、やっぱり動いてるんだ」と納得しそうというか。

さて、先日から度々登場させています「感光PARADE100」写真。この写真も、本来ならばもっとカラフルに写っているはずのところを、フィルムに問題が発生していたようで、モノトーンに近い色合いになってしまいました。(足下のエコバッグが色とりどりで可愛かったのですが…)
せっかくですので、ここで、このフィルムがいかにして変色してしまったのか、簡単にご紹介しましょう。

LC-Aにフィルムをセットする(2007年 秋) → 西日の当たる部屋に2ヶ月ほど放置する → しかしこの部屋はちょっとまずいかもと思い直して防湿ケースに収納する → しばらく放置 → 思い出したように晴天の日に持ち歩く(しかし滅多に撮影しない) → 防湿ケース内で放置 → 真夏の炎天下を持ち歩く(しかし滅多に撮影しない) → 防湿ケース内で放置 → もういい加減に写し終えないと、と決意して、残りフィルムを一気に撮影(2009年 春)

こういうことをすると、フィルムの色が台無しになりますよ、という悪いお手本にしていただければ幸いです。(PARADE100自体もちょっとだけ弱いのかもしれませんが。パトローネの作りとかフィルムそのものとかが。)
もうやめよう、こんなこと。改めて思い起こしてみると、カメラにもフィルムにも可哀相なことをしてしまいました。 …とんでもない色合いの写真はちょっと面白かったけれど。
[PR]
by honey_camera | 2009-05-27 11:37 | Lomo LC-A | Comments(0)
新緑とインフルエンザとマスクの巻
e0039640_10561995.jpg
春先の住吉公園にて。
住吉公園は、ここからの眺めが一番好きです。
時々、水面にカメがぽこぽこ顔を出すし。わんこがたくさん散歩してるし。


新型インフルエンザの感染が急速に拡大したため、今、阪神間ではマスクが軒並み品切れ状態になっています。
我が家には、数年前に私が季節性インフルエンザを煩った際に購入した使い捨てマスクが残ってはいるのですが、それで十分なストックなのかどうかわかりません。
そこで作ってみました。「さらしマスク」と「リネンマスク」。
e0039640_838997.jpg
最初は、昔ながらの四角いタイプを作ろうかと思っていたのですが、立体マスクの型紙と作り方を公開してくださっているサイトを発見しましたので、大喜びで使わせていただきました。
「ほっこり手仕事」 立体布マスク型紙&作り方配信ページ
http://h-yokatta.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_349e.html
予想以上にぴったりと顔にフィットしてくれるので、装着感はかなり良いです。見た目がちょっとキャシャーンっぽくなりますが。
布製のマスクでは、ウイルスの感染は「まったく予防できない」という情報が流れていますが、感染予防研究系のサイトでは、「不織布製のマスクが入手できない場合は、ガーゼマスクを代替品として使用する」という内容の表記も多く見かけますので、何も装着しないよりはずっと良いはず。
手元の不織布マスクが無くなった時に慌てなくてすむよう、布マスクをちまちまと作ってストックしておこうかと思っています。

感染予防対策としては、あとは手洗いとうがいの徹底です。外出先でも手の除菌ができるように、当面「手ピカジェル」のミニサイズを携帯することにしました。
みなさまも、くれぐれもお気を付け下さい。
[PR]
by honey_camera | 2009-05-19 10:58 | Lomo LC-A | Comments(2)
PALADE100と無印良品とメガネ
e0039640_10143796.jpg
無印良品 難波店にて。
昨日に引き続き、「Lomo LC-A × 感光PALADE100」のカップリングによる1枚です。なので微妙にピンク。電球光の暖かい色味と相まって、ちょっと不思議な色になりました。

この時、私は新しいメガネの完成を待っていました。今年の年明け早々に、無印でメガネを新調したのです。
メガネはすでに2本持っていたのですが、髪型が変わったせいで、これまでに使っていたプラスチックフレームがまったく似合わなくなってしまったので、久々にメタルフレームを購入。ついでに視力も若干落ちていたので、レンズも新調しました。
お値段はレンズ込みで7,800円。(通常は1万円なのですが、時々季節限定商品や旧デザインの処分セールを実施しているようです) 最近は3,000円程度でメガネが購入できるお店が増えているので、あまりインパクトの無い価格ではありますが、それでも以前に比べれば格段にリーズナブルです。
何よりも、無印のメガネは、安価でもかけ心地がとても良いのが嬉しいところ。私は、耳の裏と鼻がすぐに痛くなってしまうのでメタルフレームのメガネは苦手だったのですが、無印良品の商品は、かけていることを忘れるほどかけ心地が良いのです。7年ほど前に、4万円はたいて買ったメガネよりもずっとつけ心地が良いという。(これにはちょっと泣けますが(涙))
オマケで付いてくるメガネクロスも、これまた優秀です。
普段気軽に使うメガネや、スペアにもう一本作っておこうかなとお考えの方、無印メガネ、ちょっとお薦めです。

無印良品 めがねカタログ
http://img.muji.net/catalog/pdf/catalog_06aw_glass01.pdf
PDFです。最終ページに取り扱い店舗が掲載されています。
無印めがねに関するQ&Aはこちら
[PR]
by honey_camera | 2009-05-14 10:39 | Lomo LC-A | Comments(0)
看板猫
e0039640_10535893.jpg
Lomo LC-A × 感光PARADE100

時々通りかかるカフェの「看板猫」。(そのまんまですな)
けっこう背が高いので、前を通るたびに目が合います。
…気になる。気になるわ手作りベーグル。
しかしここを通る時はたいてい満腹状態で
休憩を必要としていないタイミングなので、
まだ一度も立ち寄ったことが無いのです。
加えて、閑静な住宅街の中にひっそりと佇む
「隠れ家」的なカフェということもあって、
なかなか扉に手を伸ばすことができずにいます。
ベーグル以外にも、美味しそうなメニューが
ちょこちょこと書かれているので、
いつかここを「行きつけのカフェ」にできるといいなあと
密かに夢を抱いています。

[PR]
by honey_camera | 2009-05-13 11:05 | Lomo LC-A | Comments(0)
打ち寄せる
e0039640_1524832.jpg
桜色に染まった川。
これは”LC-A × Parade100 × 感光パワー”の成せる技ではなく、
本当に水面が薄いピンク色に染まっているのです。
このピンク色の正体は、川面に散った桜の花びら。
あまりにもびっしりと流れているため、
川に巨大な桜色の薄布がかけられているようでした。
波に打ち寄せられた花びらで、川縁にも桜色の縞模様ができています。
この春に見た風景の中で、一番幻想的だった光景。

[PR]
by honey_camera | 2009-04-24 15:14 | Lomo LC-A | Comments(0)
櫻の薗
e0039640_12434812.jpg
これも、先日現像したParade100の中の1枚です。
今回のフィルムに見られた「桜色フィルター効果」も手伝って、現実の風景よりもウキウキな雰囲気になりました。
撮影場所は、花の盛りをわずかに過ぎた頃の桜之宮公園。足下には一面桜の花びらが敷き詰められていました。

最近、奥華子のアルバムをよく流しています。今の季節に特にぴったりなのが「春風」という曲。かわいらしいメロディと、ほんのり切ない歌詞が気に入っています。
iTuneをご利用の方は、下のiTuneボタンをクリックするとサビの部分が無料試聴できます。
奥 華子 - やさしい花の咲く場所 - 春風
(表示された曲目をダブルクリックするとサビの部分が流れます)
[PR]
by honey_camera | 2009-04-22 13:04 | Lomo LC-A | Comments(0)
さくらいろ
e0039640_12112385.jpg
先日現像してもらったParade100の中の1枚。使用カメラはLomo LC-Aです。
普通にお天気の良い日の午前中に撮影したのですが、派手に白っぽい写りになりました。きれいな青空だったんだけどなあ。太陽は背中側だったんだけどなあ。

このフィルムの写真は、ほとんどがこのような色合いになっていました。ずらりとプリント版を並べたら、一面淡いさくら色。「桜の花」そのものを撮影した写真も多数混じってはいるのですが、桜とは縁遠い真冬や真夏に撮影した写真も淡いピンク色です。
初見では、「うひゃあ何これ大失敗」と少々がっかりしましたが、そもそも、ちょっと変わった色を楽しむために入れたフィルムですし、カメラも「トイカメラ」に分類されるものを使っているわけですから、これはこれでちょっとした成功なのかもしれません。ISO100という低感度でありながら、どんよりとした色になっている写真は1枚も無く、どれもぴかぴかと明るい雰囲気なのもまた幸先良しとします。
…でもなあ、どうしようかなあこのフィルム。まだ5本ぐらい残ってるんですよ。Lomoには久しぶりに普通に感度の良いフィルムを入れたい気分ですし、36枚撮りなので、ハーフサイズカメラにはちょっと入れたくありませんし(ただでも手が遅いのに、72枚も撮れてしまうのはちょっと…)、興味のある方に使っていただけるよう、オークションにでも出すべきかしらと迷い中です。
[PR]
by honey_camera | 2009-04-21 13:11 | Lomo LC-A | Comments(2)