hnycamera.exblog.jp
ブログトップ
<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
冬のたのしみ
e0039640_21342325.jpg
ハンドクリームが趣味です。
漠然とした名詞を趣味と言い切るのもどうかと思いますが、ハンドクリームをあれこれ物色するのも、それを自らの手に塗りたくるのも大好きなので、ハンドクリームそのものが趣味だとあえて言い切ってみます。
趣味ですのでけっこう色々並行して使います。中でも一番長く使っている物がこれ。ロクシタンのシアハンドクリーム。
今年は冬期限定のホイップバージョンも買うてしもうたのですが、やっぱり好きなのは定番のシアハンドクリームです。分不相応に高いのですが。そしてこの絵の具チューブ型容器がえらいこと使いにくいのですが。でもでもこの香りとほどよいしっとり感がどうしても好きでやめられない。
ミニチューブの方が使いやすいのですけれども、あまりにも割高なので、思い切って大きいチューブを買って、100円ショップの小さいチューブ容器にちまちまと詰め替えて使ってます。
今年はこの他、プレシャスガーデンのロマンティックローズとリラクシングフラワー、シアココハンドクリームのジャスミンを並行使用中。それぞれ寝室やらお出かけバッグの中やらにスタンバイさせています。

なお、本気で手荒れが気になる時は、全幅の信頼を寄せているユースキンAの登場です。厚めに塗って、綿素材の手袋(綿100%のおやすみ用手袋。100円ショップで入手できます)をはめて寝れば軽度の手荒れなら一晩で完治。このためユースキンは常にポンプをスタンバイ。

ところで今ふと気付いたんですが、わたくし、肝心の顔に使う基礎化粧品よりも、ハンドクリームにかけている費用の方が高いかもしれません。これちょっと間違ってるかもしれない。年齢的に。もっと顔のお手入れを大切にせんと。あ、でも趣味だからいいのか。ハンドクリームはレジャー費用だから。(いや問題は費目ではない気が)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2015-12-22 22:24 | Nikon D40 | Comments(1)
マルちゃんカレーうどん
e0039640_20414630.jpg
『ホクサイと飯』(鈴木小波)という漫画の影響で、マルちゃんカレーうどんにハマりました。「正麺」じゃなくて、大昔からある赤っぽい袋の方。
鍋焼きで、具をたくさん入れて、少し長めに茹でるのがコツ。めっちゃ温まります。めっちゃ口の中ヤケドしますが。
写真はニンジンとインゲンしか入っていませんが、トリモモも入れると美味しいです。鍋の残りのトリ団子を入れても美味しかったです。
実は私、マルちゃんのカレーうどんは今年初めて食べたのです。これまで”袋モノ”はなんとなくラーメン縛りだったので。ああどうしてこれまで試さなかったんだろうー。こんなに美味しかったなんてー。勿体ないことをしたー。
今は欠かさず常備してます。時々病的に食べたくなるチキンラーメンとともに。ちなみにチキンラーメンは「どんぶり派」ではなく「煮る派」です。邪道だとよく言われるのですが、やっぱりチキラーはどんぶり派が主流なのでしょうか。


 『ホクサイと飯』 鈴木小波 著
漫画家の山田ブンちゃんとぬいぐるみのホクサイが繰り広げる日々の生活&ご飯漫画。
よくあるグルメ系漫画とは異なり、のりの佃煮やら干し柿大福やら、マルちゃんカレーうどんやらと、けっこう渋め&庶民的な内容です。あと、なんと言いますかこう、女の子の食卓っぽくないワイルド感が漂ってます。カツオまるごと捌いて血まみれ(返り血)になってたり。
現在連載&刊行中の 『ホクサイと飯さえあれば(1)』、『ホクサイと飯さえあれば(2)』は、ブン&ホクサイの8年前の生活が描かれてます。1巻のミートボールスパゲティ(「カリオストロの城」に出てくるアレ)が魅惑的。
でも個人的にはやっぱり1作目の『ホクサイと飯』の雰囲気が好きだなあ。”8年後”の方の続きも書いて欲しいなあ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2015-12-15 21:43 | DIGNO M | Comments(2)
BOARDING V
e0039640_10545581.jpg
羽田空港にて。

空港大好きです。正確には離陸する飛行機を眺めるのがものすごく好きです。
人間と荷物と燃料を満タンに乗せたあんなでっかい物が、どうしてあんなにつるっと飛び立てるのか、何度見てもさっぱりわからないから。わからないことをわからないまま放っておいて、不思議だなあと思いながら眺めるのは、浪漫があってなかなか良いものです。
飛び立つ飛行機なら一日中見ていられる。おにぎりとか食べながらずっと飛行機見ていたい。
乗るのも嫌いじゃないけれど、飛行機は外から眺めるのが一番だ。今回の写真、ひとっつも飛行機写ってないけれど。言われなきゃどこだかさっぱりわからん写真だけど。

ちなみに数年前から再々タイトルに使っている(今回で5度目)の『BOARDING』は、私のこれまでの人生で最高級に好きな歌のタイトルです。10年ぐらい前からずっと好き。「超個人的人生ベストアルバム」を作るなら絶対に入れる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2015-12-11 11:17 | DIGNO M | Comments(0)
可愛すぎるドーナッツ。
e0039640_18203110.jpg
「イクミママのどうぶつドーナツ」(自由が丘店)で買った、殺人的に可愛いドーナツ。
商品名、「こねこのミケ」(写真上)と「あめしょーくん」(写真下)。
名前もかわええ。

はらドーナッツ」の食感に似たモチモチ生地に、ミケはホワイトチョコレート・カフェオレ・ミルクチョコのコーティング(ブチ模様にもちゃんと味がある)、アメショは黒ごま味のチョココーティングが施されています。ピンと立った耳はなんとアーモンド。可愛いだけではなくて、味もしっかり美味しいです。素晴らしい。


e0039640_18193886.jpg
一度ならず二度立ち寄っておりますため、もう1枚写真がございます。
この時のチョイスは上と同じく「こねこのミケ」と、「こねこのクロ」。
寝顔の黒猫はミルクチョコ味。

なお、表情のバリエーションはこの他にもウインクバージョンや(>ω<)な顔もありまして、ちゃんと好みの表情を選ばせてもらえます。


e0039640_18195183.jpg
ちなみにミケの”お尻”はこんな感じ。
「三毛」の”三色目”はお尻側にあります。ここがミルクチョコ味。
後ろから見てもプリチー。

イクミママのどうぶつドーナツ
http://ikumimama.com/
一部商品は通販もしてはります。
サイトの商品一覧見てるだけでクラクラする。
ネコドーナツ型のお箸置きがまたえらいこと可愛いんですわ。実店舗だと1個ずつ買えるんですわ。目の毒なんですわ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2015-12-08 19:10 | DIGNO M | Comments(0)
お台場の白い奴
e0039640_20533272.jpg
ちゃんと右肩に「WHITE BASE」って入ってるんだなー
(ズームして気付く)

お台場に行った際にガンダムさん撮ってきました。今更。
いや、でも撮りますよね目の前に立ってたら。原寸大ですし。
本当はデザイン的に一番好きなのはドムなのですけども。
ドムも立ててくれないかな。大して活躍しなかったから無理か。
シャア乗ってないし。ガンダムに踏みつけられてたし。
でもかっこいいんだけどな。目が上下左右に動いて。
黒と紫のカラーリングも大好き。

e0039640_20534212.jpg

ガンダムさんの素敵なお尻。
ランドセルのノズルからぷしゅーと煙(蒸気)が出てるところも見ました。
写真には写ってないけれど。(見とれてて撮り忘れた)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2015-12-04 20:59 | OLYMPUS STYLUS XZ-2 | Comments(0)
モンティクリストなるものを作ってみたの巻
e0039640_11295712.jpg
モンティクリスト?巌窟王…?とか思ったのですが、巌窟王は「モンテ・クリスト」伯でした。
クックパッドによりますと、
『「モンティクリスト」とは、フレンチトーストとクロックムッシュの中間のようなサンドイッチで、外はカリカリ、中はふわふわ、パンの間からは濃厚なチーズがトローリ♪』 (「これから注目の朝食「モンティクリスト」って知ってる?」より)
とのこと。

私はオレンジページ11/17号「ほぼ一冊まるごとカフェ&スイーツSpecial!」に掲載されていたレシピを実践しました。
作り方をごく簡単にご説明しますと、「砂糖をひとつまみしか入れないフレンチトースト液に、ハムとスライスチーズをサンドした食パンを漬け込んで、じっくり焼いて仕上げにメープルシロップをかける」という。
あいにく我が家にはメープルシロップの在庫がありませんでしたので、甘味はハチミツで代用しました。
美味しかったです。ハムとチーズでボリュームが出るので、個人的には”朝ご飯”というより”昼ご飯”クラスです。サラダとカップスープ付けたら栄養バランス的にも立派なランチ。(若干カロリー高めな気もするけれど)
全体的にしょっぱめな仕上がりの物に甘いシロップをかけるところがミソなようで、確かにこの「甘じょっぱい」風味はクセになりそうです。
でもシロップかけなくても別にかまわないかも。「甘くないフレンチトースト」のままでもじゅうぶん美味しいかも。それを言っちゃおしまい感が無きにしもあらずだけど。
いつものフレンチトーストを一工夫してみたくなった時におすすめです。あと、「フレンチトーストなんてオンナ・コドモの食べ物だろ。そんな甘ったるいもの食っちゃいらんねえよ」という辛党の方も、シロップかけないバージョンで是非。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by honey_camera | 2015-12-01 11:36 | DIGNO M | Comments(0)