hnycamera.exblog.jp
ブログトップ
タグ:ヒヤシンス2010 ( 7 ) タグの人気記事
その後のヒヤシンス
e0039640_12432157.jpg
ヒヤシンス2号も、その後無事に開花しました。ピンク色の1号は茎と蕾が3分割されていたので、やや小ぶりの花が3組咲きましたが、2号は大ぶりの花が1組。この形状、このボリューム、まるでふわふわクイックルワイパーのようだわと、まるで風情の無い感慨にふけりつつ、馥郁たる香りを楽しんでいます。
花の株が大きく、茎も太いぶん、花の持ちも良いようで、先週中頃に開花した花が、今も元気にまだ満開状態を保っています。
ただ、惜しむらくは成長途中で茎がぐにーっと曲がってしまったこと。やや伸びが悪かった葉が邪魔をしてしまったのか、茎が真上ではなくナナメ60度の角度で伸びてしまったのです。まっすぐ育っていれば、更に見栄えがしたろうに。葉を少し間引いてあげれば良かったのかな。ごめん。

先に満開を迎えたヒヤシンス1号も、最後の小さな蕾が満開になりました。
e0039640_12433941.jpg
かなり小さな蕾だったので、ヒヤシンスっぽくない雰囲気になりました。なんとなく和風の趣きが。

無事に2つの球根から花が咲いたところで、2010年のヒヤシンス観察記録はこれにて終了です。
ヒヤシンスの水栽培に興味を持たれた方は、ちょっと先になりますが、9月中旬~下旬頃にホームセンターや園芸店に出向いてみてください。新しい球根と水栽培用の鉢が並び初めているはずです。水栽培を始める時期は10月下旬~11月初旬頃。肌寒さを感じるようになってから水に浸けるのがポイントなのだそうです。
今回の水栽培があまりに楽しかったので、私も9月になったらまた球根買いに出かけます!(ちなみに今回の球根はホームセンターダイキなんば店で購入しました。とても元気な良い球根でした。)

  
[PR]
by honey_camera | 2010-03-01 13:13 | Nikon D40 | Comments(2)
がんばれニッポン。
e0039640_1075296.jpg
冬季オリンピック女子フィギュアを生放送で観戦中。しかし実は私には、「応援する人やチームがいつもことごとく敗れてしまう」という、ろくでもないジンクスがあるのです。なので、オリンピックなどは常に録画放送を観るようにしていたのですが、今回はいつも観ているワイドショー枠で生中継しているものですから、つい観てしまっています。やはり結果が出るまで消しておくべきかTV。それともジンクスを逆手に取って、ライバル選手でも応援してみるか。

そんなヘタレなわたくしとも、冬季五輪ともまるで関係が無い今日の写真は、窓辺の一輪挿しに生けているヒヤシンスの花。
クローズアップフィルターを使って思い切り寄ってみると、ファインダーの中にたくさんの百合の花が咲いているように見えて、ちょっと嬉しくなりました。(それもそのはず、ヒヤシンスってユリ科だったのですね。先ほど調べて知りました。)

  
[PR]
by honey_camera | 2010-02-24 10:16 | Nikon D40 | Comments(0)
ヒヤシンス2号
e0039640_13403289.jpg
ピンク色のヒヤシンス1号の後を継ぐように、紫色の2号のつぼみが開いてきました。
この球根は非常に発芽が遅く、その後もやけにのんびりとしたペースでゆるゆる育ってきましたので、途中何度も「こっちは駄目か…」と諦めそうになったものでした。しかしどうにかなるものです。あと一息がんばって、大きな花を咲かせておくれよ。そしてまたあの芳醇な香りを楽しませておくれなさい。

e0039640_13404265.jpgちなみに1号は、現在こんな姿に。
2組の大振りな花は盛りを過ぎたので、茎の根本からカットして一輪挿しへ。今は、下の方でひっそりと育っていた小さなつぼみの開花を待っています。
こちらは最初から最後まで元気だなあ。

球根を購入してから約半年。実際に栽培を始めてからは約4ヶ月。ゆっくりゆっくり育つヒヤシンスを眺めるのは、想像以上に楽しいことでした。
根が出たと言っては喜び、小さな芽が見えてきたと言っては鉢を抱きしめ、そして花が咲いた時には祝杯をあげ。(何を大袈裟な) ヒヤシンスの水栽培がこんなに楽しいとは。今年もまた秋になったら球根を買いに行かなければ。実は青と赤の花も気になっているのです。次回は4色に増やそうかしら。

  
[PR]
by honey_camera | 2010-02-23 14:03 | Nikon D40 | Comments(0)
さいたさいた
e0039640_1236012.jpg
連日ヒヤシンスの話題ばかりで失礼します。
「おや、花のつぼみらしくなったではないの」と思っていたら、
翌朝いきなりぽこぽこと咲きました。びっくり。
土曜日の朝は、なんとも頼りなげな姿でしたが、
それから2日が経過した今朝には、しっかり「ヒヤシンス」の様相に。
かわいいっす。そしてすごく良い香り。
開花直後は顔を近づけなければわからない程度の香りだったのですが、
今は花瓶を置いている食卓の周りがほわーと良い香りに包まれています。
嬉しいなあ。水栽培で本当にちゃんと咲くんだなあ。
あともう2つ蕾のカタマリが育っているので、
こちらも頑張って花開いてほしいです。

  
[PR]
by honey_camera | 2010-02-15 12:52 | OLYMPUS E-P1 | Comments(0)
ヒヤシンス #03
e0039640_135361.jpg
ちょいと趣向を変えてChe-ez!で撮ってみましたら
中途半端な位置にピントが合いました。
蕾がこちらへ、にゅうっと迫ってきているみたいでちょっと怖い。

前回の撮影からちょうど1週間。すっかり「花」らしくなった我が家のヒヤシンスです。
こちらは発芽の頃からたいへん順調にすくすくと育ってくれているのですが、もう片方の恐らく紫色の花を咲かせるだろうと思われる球根は、まだ相変わらず「ふきのとう」のまま。……だ、大丈夫なのかな。何か手伝ってあげなくていいのかな。(球根の何を手伝うというのか)
とは言え、蕾をきゅっとくるんでいた葉は確実に開いてきましたし、わずかではありますが蕾も大きくなっている様子ですので、とりあえずこのまま熱いエールを送りつつ見守ってみたいと思います。がんばれヒヤシンス1号、2号。春は近いぞ。(…いや、まだ遠いか…)


  
[PR]
by honey_camera | 2010-02-12 13:22 | Che-ez! Tinio | Comments(0)
ヒヤシンス、その後
e0039640_13533825.jpg
10月末から水栽培を始めたヒヤシンスは、その後ゆるゆると成長を続けて、現在このような姿になっています。
小さなぷりぷりの蕾がたくさん。こちらはどうやらピンク色の花のようです。(2つの球根のどちらがどの色なのか、あえてわからない状態で育てているのです)
それにしてもこの蕾、やけに美味しそうです。ピーナッツみたい。塩バター味でコリっと食べたい感じ。

ちなみにもう1つの球根は現在こんな感じ。
e0039640_1353547.jpg
こちらは芽を出す段階からスロースタートでしたので、ようやく蕾らしき物が顔を見せ始めたばかりです。
先ほどの球根がピンク色なら、こちらは紫色のはず。そしてこちらはなんとなく「ふきのとう」を思わせるビジュアルです。衣をつけてカリっと揚げて食べたい感じ。

ヒヤシンスは、できるだけ寒い環境で育てる方が良いとのことでしたので、10月末から1月末までは、我が家でいちばん寒い部屋に置いていたのですが、今月からリビングの窓の近くに移動させました。もう少し太陽の光を浴びさせてあげたかったということもあるのですが、何より私が、蕾の成長する姿をもっと堪能したかったのです。
スロースターターの球根は、リビングに移してからめざましく成長しています。太陽の光が足りなかったのかな。すまん。
どちらも頑張って綺麗な花を咲かせておくれよー。

  
[PR]
by honey_camera | 2010-02-04 14:09 | Nikon D40 | Comments(0)
ヒヤシンス
e0039640_1312890.jpg
を育てています。虫が怖いので水栽培です。球根を水に浸けて、今日でちょうど1ヶ月。ぷりぷりの元気な芽が顔を出し始めました。
ダイコンニンジンマザーリーフの水栽培があまりに楽しかったので、今度は思い切って球根にチャレンジしてみました。しかしヒヤシンスの開花時期は3月~4月とのことですので、今回はちょっと長期戦。無事に花を咲かせることができるかどうかドキドキです。
用意した球根は2つ。花色は、迷いに迷って「ピンク色」と「紫色」をチョイスしました。
容器に水を入れる際、花の色がわかるように何か印をつけようかと思ったのですが、「咲いてからのお楽しみ」の方がわくわく度がアップするような気がして、あえて何も目印は付けないままです。さて、この球根はどちらの色なのかな。
ちなみにもう1つの球根はスロースターターのようで、現在ようやく「芽の赤ちゃん」のようなものが覗き始めたばかり。(こちらの球根はもうダメかもしれないと気を揉んでいたので、芽を発見した時はものすごく嬉しかったです。)
どちらも元気に育ってくれよー。
  
[PR]
by honey_camera | 2009-11-30 13:59 | OLYMPUS E-P1 | Comments(0)